【創業支援コラム】20150108 起業時のお金の悩みその1 | 岐阜 創業サポートセンター

【創業支援コラム】20150108 起業時のお金の悩みその1

起業しようとしているあなたはおそらく開業資金のことで悩まれていることと思います。

 

ある程度貯金はしたが、最初は何かと物入りで・・・簡単に商品は売れないだろうし・・・金融機関は果たしてお金を貸してくれるのか・・・不安や悩みはつきません。

 

それでは起業のときにお金はいくら必要なのでしょうか?

 

今回は、独立や新規事業を考えている個人事業者を中心に、開業資金の計画をある程度想定できるよう、どんなお金が必要かをお話ししていきます。

 

① まず何にお金が必要なのでしょうか?

 

・事業計画をよく考えましょう。・・・「どうやって商品・サービスを売るか」「何にお金を使うか」

 

② そのお金はあらかじめ調達が必要でしょうか?

 

→そのお金はいつ必要になるのでしょうか?
  
・開業までに必要な資金は・・・お金をあらかじめ用意しなければなりません。
  
例えば・・・
 1、設備費

  ・店舗や事務所を借りる際の保証金や権利金
  ・備品の購入資金
  ・商品や製品の開発資金
  ・会社設立費用・・・など
 2、開業費用
  ・開業時の広告費、求人費、消耗品費
  ・開業までの人件費、
  ・開業当初の仕入資金
  ・生活費・・・など

 

・開業後に必要な資金は・・・お金をあらかじめ用意する必要はありません。
 →なぜならばそれは売上から支払うべきものだからです。
  例えば・・・
  人件費、商品や材料の仕入
  家賃や消耗品費
  その他商売を行うにあたっての費用
  借入金の返済・・・など

 

(例外)1、事業を行ううえでの運転費用
      →目安は売上1か月分です。
    2、赤字分の補てん
      →起業時は売り上げが軌道に乗るまでは赤字です。
    3、製造業など資金回収に時間がかかる場合は、その間の人件費なども必要です。

 

③ いくら必要なのかを計算しよう

 

・実際に見積もりを取って調べることで1つ1つにいくらかかるか検討をつけます。

・また1年分くらい(最低6か月くらい)の予備費を計上します。もしくは援助してくれる親や親族に頼るということもできるかもしれません。

 

少なめなら
必要額=開業までに必要な資金+事業を行う上での運転資金+赤字補てん資金+予備費
600万円=300万円+100万円+100万円+100万円
などといったところでしょうか。
日本生活金融公庫の「2013年度新規開業実態調査」によれば開業費用の平均値は1,195万円、中央値は690万円となっています。

 

④ 必要な資金を減らそう

 

・本当に開業に必要なもののみ支出する。
 →あとで追加投資すれば良いものもあるかもしれません。
・できるだけ安いものを使いましょう。
 →相見積もりをとる、中古品を探す、借りることで開業資金を低く抑えられるで
しょう。
・開業資金が少なくて済むような商売の仕組みを工夫しましょう。
・他人と連携し共同で事業を始めることで自分の資金負担は減ります。

 

 

いかがでしょう。起業時に必要なお金について少しイメージが湧いてきたでしょうか。

当然ですが結構たくさんのお金がかかります。

 

次回はどうやってお金を集めるかをお話ししたいと思います。

 

岐阜の税理士による創業支援コラムの最新記事

起業家のための無料相談受付中!0120-825-755

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

  • 専門家に任せて調達額アップ!創業融資サポート
  • 着手金無料+完全成功報酬でリスク0!助成金サポート
  • 着手金無料+完全成功報酬でリスク0!補助金サポート
  • 銀行対策のみならず事業の航海図になる!事業計画書作成サポート

会社設立について相談したい!

  • 自分で設立するよりもお得!株式会社設立サポート
  • 費用を抑えて会社を作りたい!合同会社設立サポート
  • 許認可申請もお任せ!許認可申請サポート
  • 個人と法人はどちらがお得?法人化診断サポート

経営・税務会計について相談したい!

  • 駆け込み・丸投げでも対応可能!決算・法人税申告サポート
  • 面倒な記帳は外注して経営に専念!記帳代行サポート
  • 事前準備から税務署対応までお任せ!税務調査サポート
  • 会社経営の頼れるパートナーが欲しい!税務会計顧問サポート

CONTENT MENU

事務所概要

対応エリア

岐阜市内を中心に岐阜県全域に対応しています!
アクセスマップ

free認定アドバイザー

会計ソフト「MFクラウド会計」

創業支援コラム